知財戦略、特許、実用新案登録、意匠登録、商標登録をトータルサポート

外国出願

外国出願に興味を持たれた方へ

 この度は、外国出願に興味を持たれて、当所のWebページをご覧下さり、ありがとうございます。以下では、外国出願について、簡単に説明致します。外国出願について、ご質問、ご相談等ございましたら、お気軽にご連下さい。
 

外国出願とは

 外国出願とは、特許権、意匠権、商標権等の知的財産権を外国で取得するためにする出願です。外国出願は、最終的には、権利を取得したい国で受理されて、登録されなくてはなりません。したがって、各国の様式を合わせて、出願書類を準備する必要があります。
 

なぜ外国出願が必要か

 現在のところ、世界共通の知的財産権制度はありません。したがって、日本で取得した特許権は、日本でしか通用しません。日本でしか商品を生産せず、販売も国内限定というのであれば、特許権等の取得も日本だけで充分な場合がほとんどです。
 しかし、たとえば、中国で製品を生産する場合、中国で特許を取得していないと、他社の権利によって生産が差し止めされたり、他社に真似されても指をくわえて見守ることしかできないおそれがあります。あるいは、アメリカに製品を輸出する場合、アメリカの特許を取得しておかないと、輸出が差し止められたり、他社特許の権利侵害として高額の損害賠償を求められる可能性もあります。
 そこで、製品を製造、販売したい国では特許権等の知的財産権を取得しておくことをお勧めします。ただし、製品の性質、たとえば、必要な部品が日本でしか生産できず、他国で生産される可能性が極めて低いような製品については、他国において販売するときであっても日本国内での他社の製造を押さえれば足ります。このような場合であれば、他国においては必ずしも知的財産権を取得する必要がありません。
 

外国出願のルート

 外国出願には、大きく2つのルートがあります。
 1つは、権利を取得したい国ごとの特許庁(例:米国特許商標庁・United States Patent and Trademark Office)にそれぞれ書類を提出する通常ルートです。
 もう一つは、国際特許協力条約(Patent Cooperation Treaty: PCT)に基づいて、1つの受理官庁(日本特許庁)に書類を提出するPCTルートです。

通常ルート

 通常ルートの場合、どの国に出願するかを決め、決めた国用の特許書類を作成して、それぞれの国に送ります。複数の国に出願される場合には、それぞれの国に合わせた言語、様式で書類を作成して、現地に送ります。つまり、出願する国の数だけ、書類を作る必要があります。日本国内に先に出願している場合には、通常、パリ条約に基づく優先権を主張して、その国内出願の出願日から1年以内に外国出願します。各国でそれぞれ審査が進行されます。各国の審査基準に従って審査され、審査基準に合わない場合には、拒絶理由が通知されます。拒絶理由に対しては、反論したり、特許として請求する内容を補正したりして、応答します。



PCTルート

 PCTルートの場合、出願時には1つの書式の特許書類(国際出願書類)を1通のみ作成し、日本特許庁に提出します。提出した発明について、日本特許庁かヨーロッパ特許庁(※英語で出願した場合にはヨーロッパ特許庁を調査機関として選択可能)により先行技術が調査され、調査結果として国際調査報告が作成されます。出願人は、国際調査報告を受け取って、参考にできます。参考の結果、場合によっては、出願の継続を放棄することもできます。もちろん、出願を維持して、具体的に所望の国に出願を持ち込む(移行する)こともできます。移行を決心した場合、出願人は、どの国で権利を取得したいかを指定します。すると、指定した国(指定国)内に、国際出願書類が移行されます。このことを、出願が国際段階から国内段階に移行すると言います。国内移行時には、通常、国際出願書類をその国の言語に翻訳する必要があります。国内段階では、指定国の特許庁が各国の基準に基づいて、国際出願書類が審査されます。審査の結果、拒絶理由が通知されることもあります。拒絶理由がなくなれば、特許査定がおります。

費用について

 外国出願には、一般的には、国内出願よりも多くの費用が必要となります。書類を翻訳したり、現地代理人の手数料もかかったりするからです。現地代理人の手数料を減らして、かつ、お客様の負担も減らすように、基本的な応答はできるだけ弊所で行います。たとえば、出願に関しては、現地代理人が書類を特許庁に提出するだけでよいように、予め現地の実務に合致するように特許書類を作成します。拒絶理由が来た場合には、現地に任せきりにすると、対応にかかった手間の分だけ多く請求されるので、できるだけ弊所で拒絶理由の内容を把握し、対処案を考えます。これによって、現地が考える時間および手間を減らし、費用の低減を目指します。



 

無料相談実施中! まずはお気軽にお問い合わせ下さい!


無料相談実施中!詳しくはこちらをクリック!