知財戦略、特許、実用新案登録、意匠登録、商標登録をトータルサポート

意匠登録を受けるには

 

意匠登録を受けるためには、出願された意匠が意匠法上の「意匠」であることのほかに、意匠権を付与するための条件(意匠登録要件)を満たしている必要があります。
特許庁の審査官により意匠登録出願が意匠登録要件を充足しているか否かについて審査され、
審査を通ったものだけが登録となります。

1.工業上利用することができるものであること

「工業上利用することができる意匠」とは、
工業的(機械的、手工業的)な生産過程を経て、反復して量産できる意匠をいい、その可能性があれば足りるとされます(詳しくは、意匠法第3条第1項柱書を参照)。

例えば、次のような意匠は工業上利用することができないため、登録を受けることができません。

工業上利用することができる意匠

2.新規性があること

意匠登録出願前に日本国内または外国において既に知られている意匠やその知られた意匠と類似する意匠は、新規性がないため登録を受けることができません。
公知となった意匠に独占排他権を付与するとかえって産業の発達を阻害することになるからです
(詳しくは、意匠法第3条第1項、第3条の2を参照)。

具体的には、下記の意匠と同一または類似の意匠は登録できません。

(1)意匠登録出願前に日本国内または外国において公然知られた意匠
(2)意匠登録出願前に日本国内または外国において頒布された刊行物に記載された意匠
(3)意匠登録出願前に日本国内または外国において電気通信回線(インターネット)を通じて公衆に利用可能となった意匠

ここで、意匠の類似は、需要者(取引者を含む)の立場からみた美感が類似(共通)することをいいます。
「同一の意匠」とか「類似の意匠」とか「類似しない(非類似)意匠」などというのは、以下のように判断されます。



自己の創作した意匠で自らが公開したものであっても新規性を喪失したものとなり、その意匠と同一又は類似の意匠に該当するものについて意匠登録出願をしても、意匠登録を受けることができません。

意匠の新規性の喪失の例外

新規性がなくなった意匠であっても、公知となってから6ヶ月以内に出願された場合は例外として新規性を失わなかったとされる手続(意匠法4条)があります。

(1)意匠登録を受ける権利を有する者の意に反して公知になった意匠
(2)意匠登録を受ける権利を有する者の行為に起因して公知になった意匠

3.容易に創作された意匠でないこと(創作非容易性)

新規な意匠であっても、容易に創作されたと判断される意匠は、意匠登録を受けることができません。
容易に創作された意匠に対して排他的権利(意匠権)を与えることは、社会の産業の発達の妨げとなる可能性があるからです(詳しくは、意匠法第3条第2項を参照)。

例えば、エッフェル塔などの公知の建造物をそっくりそのまま模したエッフェル塔の置物などはこれに該当します。

 

               公知の建物の模倣

 

4.不登録事由(意匠法第5条)に該当しないこと

公序良俗に反するものや他人の業務に係る物品と混同を生ずるおそれのあるものは公益的な見地から意匠登録を受けることができません。また、機能にのみ基づく意匠は、特許法・実用新案法によって保護されるべき技術的思想に当たるため、意匠法による保護対象から除外されています。

(1)公序良俗に反するおそれがある意匠(意匠法第5条1号)
国家元首の像やわいせつ物などを表した意匠は登録されません。

(2)他人の業務に係る物品と混同を生ずるおそれがある意匠(意匠法第5条2号)
他人の著名な標章やこれと紛らわしい標章などを物品に表した意匠などは登録されません。

(3)物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠(意匠法第5条3号)
物品の技術的機能を確保するために必然的に定まる形状(必然的形状)からなる意匠(衛星放送受信アンテナ用反射鏡の形状など)や、物品の互換性確保等のために標準化された規格により定まる形状(準必然的形状)からなる意匠(電気プラグの形状など)は登録されません。

5.最先の出願であること

同一または類似の意匠について二以上の出願があった場合、最先の意匠登録出願人の出願(同日のものはいずれか一方)のみが登録となります。したがって、先に出願された意匠の全部と同一または類似である意匠は登録を受けることができません。意匠権は、独占的排他権であるため重複登録が許されないためです。
ただし、先に出願された意匠が自己のものである場合は、一つを本意匠とし、これと類似する意匠を関連意匠とすることで登録を受けることができます(関連意匠制度)。この場合には、後の出願を先の出願の公報が発行されるまでに行い、先の出願を本意匠とし、これと類似する後の出願意匠を関連意匠とする必要があります。

6.一出願に複数の意匠が表されていないこと

意匠登録出願は、原則として一意匠ごとにする必要があります。同一の形態のデザインであっても、物品が異なる場合には別の意匠となるため、別々に出願する必要があります。
ただし、複数の物品から構成される場合であっても、一定の要件を満たしているものは「組物の意匠」として登録を受けることができる場合があります(組物の意匠制度)。
 
↓意匠に関する詳しい内容はこちらをクリック↓

 

意匠登録を受けるには 登録手続きの流れ


 

無料相談実施中! まずはお気軽にお問い合わせ下さい!


無料相談実施中!詳しくはこちらをクリック!