知財戦略、特許、実用新案登録、意匠登録、商標登録をトータルサポート

実用新案法の保護対象

 

実用新案法の保護対象

 実用新案法の保護対象である考案は、

「自然法則を利用した技術的思想の創作であって、物品の形状、構造又は組合せに係るもの」

である必要があります。

  したがって、物品の形状等に係るものですから、材料そのものや方法に係るものは保護対象となりません。
  また、特許法の保護対象とは異なり、技術的思想の創作のうち高度のものであることを必要としません。

 以下のものは「物品の形状、構造又は組合せ」に該当しないため、保護されません。

   ①方法のカテゴリーである考案
   ②組成物の考案
   ③化学物質の考案
   ④一定形状を有さないもの(例;液体や気体からなるもの)
   ⑤動物品種、植物品種
   ⑥コンピュータプログラム自体


↓実用新案に関する詳しい内容はこちらをクリック↓

 

実用新案登録制度 実用新案法の保護対象
実用新案権の行使 実用新案登録出願の流れ

 


 

無料相談実施中! まずはお気軽にお問い合わせ下さい!


無料相談実施中!詳しくはこちらをクリック!